プロが教える供養の豆知識 ― 供養・仏教行事

  1. 戒名の由来とお位牌の供養方法

    お葬式で大切なことの一つに、お位牌などに記された戒名(法名や法号とも呼ぶ)があります。戒名は、人が亡くなった時にお坊さんからいただく名前のことで、仏教の世界へ入り、死者が無事に浄土へ行くために授けられます。

    お葬式で大切なことの一つに、お位牌などに記された戒名(法名や法号とも呼ぶ)があります。

  2. お盆の始まり、盂蘭盆会(うらぼんえ)

    毎年のことですが、夏になると熱中症対策が注目されますね。水分補給のドリンクに帽子や日傘など、この時期はどこへ行くにも手離せません。特に夏休みはプールや海水浴場などが混雑するため、遊びに行く時も、事故にならないように十分に注意したいものです。

    毎年のことですが、夏になると熱中症対策が注目されますね。

  3. なぜ踊る?“盆踊り”とは

    夏の夜の風物詩といえば、“お祭”。そのお祭のなかでも特に盛り上がりを見せるのが、“盆踊り”です。お祭前になると、公園や公民館などで、よく子どもたちが地域の人たちと集まって練習している姿を目にします。

    夏の夜の風物詩といえば、“お祭”。

  4. 春の行事、花まつりとは?

    日本の春といえば、桜の季節。毎年、3月中旬~下旬にかけて、開花予想日や見頃が発表されるため、満開の時期にはお花見の名所が賑やかになります。お弁当を持ってピクニック気分で出かける方もいれば、屋台などでお酒やご馳走を楽しむ方も多いですよね。

    日本の春といえば、桜の季節。

  5. お墓に供えるお花は何がいい?おすすめの種類や本数

    春が近づいてくると、よく耳にするのが「暑さ寒さも彼岸まで」という表現。これは太陽が真東から出て真西に沈むため、昼夜の長さが同じになり、徐々に寒さが和らいでくることからいわれているそうです。お彼岸といえば、お墓参りも大切な行事ですよね。

    春が近づいてくると、よく耳にするのが「暑さ寒さも彼岸まで」という表現。

ページ上部へ戻る