プロが教える供養の豆知識プロが教える供養の豆知識

「墓じまい」で準備すること

墓じまいの準備画像01

皆さんは、「墓じまい」という言葉をご存知ですか? ここ数年、TVや新聞などで話題になることも多い「墓じまい」ですが、一言でいうと、「お墓の引っ越し(改葬)」です。
地元を離れているため頻繁にお墓参りに行けない方や、跡継ぎがいなくて悩んでいる方などに必要とされており、お墓を近くのお寺や霊園に移す際、将来的な管理を担ってくれる永代供養墓を選ぶ方が多いといわれています。
「墓じまい」について、“何から手をつけたらよいかわからない”と戸惑う方や、菩提寺との関係上、“簡単には進められない”と不安になっている方もいるかもしれませんね。今回は、「墓じまい」をスムーズに進めるにあたり、どのような準備が必要か、費用面なども含めてご紹介します。

「墓じまい」の準備

1.今あるお墓で確認すること

墓じまいの準備画像02-1

まずは、お墓に故人様が何人いるのかを確認しましょう。先祖代々の古いお墓だと、現在継承している人が知らないご先祖様もいるかもしれません。特に改葬の際はご遺骨の数だけ「改葬許可証」が必要になるため、親戚やご住職に聞くなどして、人数を把握しておきましょう。
また宗教や宗派も気をつけたいことの一つです。お墓を移す先が同じ宗派なのか、「宗教・宗派不問」としているのかなども、注意しましょう。「過去の宗教・宗派不問」という意味で、改葬先の宗派に変えることが条件となっている墓地もあります。改宗となると戒名を変えたり、法要のやり方も異なる場合があるため、事前に必ず確認しておきましょう。


2.親戚や菩提寺と話し合う

墓じまいの準備画像02-2

多くの場合、自分だけがお墓参りに訪れているわけではありません。何の相談もなく進めると、親族内で困惑する方が出てくるかもしれません。菩提寺となるお寺側にも配慮が必要で、先に改葬手続きを済ませて事後報告となった場合、改葬をなかなか許可してくれないこともあります。今までの長いお付き合いを踏まえて、丁寧に早い段階で相談することをおすすめします。できれば改葬が必要になった事情などを誠意をもって説明し、これまでお世話になったことに感謝の意を表して理解を求めましょう。


3.新しい墓地(改葬先)を探す

墓じまいの準備画像02-3

お墓を移した後、個別にお墓を建てるケースだと、先祖代々の竿石(さおいし)を移す場合と、新しく墓石を建てる場合があります。墓地によっては墓石の持ち込みができないこともありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
またここ数年増えているのが、墓石は移さずに、合祀墓を選ぶ場合です。先祖代々のお墓を墓じまいする際、あらかじめ合祀墓のある霊園などを選び、自分たちも将来的にはそこへ埋葬されることを前提にしているものです。納骨後の供養を寺院や霊園などが担ってくれるため、子孫の負担軽減にもなると選ぶ方が多いようです。
いずれにしても、宗教や宗派の違いに問題がないかをまず確認しましょう。その上で、周囲の環境や雰囲気、交通の便やスタッフの親切さなども大事な判断基準となりますので、気に入った墓地があれば、実際に足を運んで見学してみてくださいね。
※お墓の一番上に設置された石。墓標となる家名などが彫られています

「墓じまい」の費用について

墓じまいの準備画像03

仏式の場合、改葬には宗教儀礼が伴います。現在のお墓の墓石を解体する前には、ご住職に「閉眼供養」を行ってもらい、お墓から仏さまの魂を抜いて、単なる石に戻します。その後で墓石を動かしますが、こうした作業は石材店などの専門業者に頼むことが一般的です。
改葬先でも納骨法要やお墓が新しい場合には「開眼供養」などが必要になるため、お布施がどれくらいかかるのかも念頭においておきましょう。ここでは一般的な費用の目安をご紹介します。

【費用の目安】

■今あるお墓
・閉眼供養 3~5万円
※これまでお世話になった感謝として、10~15万円ほど包む場合もあります
・遺骨の取り出し 1体 3万円前後~
・お墓の解体費用 10~20万円(墓石の大きさなどによって異なります)
・墓石の処分費用(さら地に戻す作業などを含む) 1㎡ 当たり 10万円~
※ご寺院によっては離檀料を設けているところもあります。あまりにも高額になる場合は、弁護士や役所などに相談してみましょう。

■改葬先
・埋葬費用 1体 3万円前後~
・開眼供養 3~5万円
・納骨法要 3~5万円
※上記以外にも、事務手数料などを請求される場合もあります。

ほかにも寺院や霊園によっては諸経費がかかる場合がありますが、いずれも見積もりを事前にとり、内容を確認してみましょう。

大切なお墓を無縁にしないために

墓じまいの準備画像04

永代供養墓への改葬は、家族の多様化が進む現代では、主流となりつつあります。それに加えてさまざまなサービスが登場していますが、一部には高額な解体費用を請求するなど悪質な業者もいるため、注意が必要です。大事なお墓を守るためにも、心から納得した上で「墓じまい」へ進んでくださいね。
永代供養に定評があるヤシロでは、墓じまい」専用窓口を年中無休で設けています。施工前の明瞭なお見積もりや面倒な行政の手続きはもちろん、法律に沿った適切な処理で、お墓の解体処理から永代供養まで全て一貫して対応させていただいております。また、新たな供養先として従来のお墓だけではなく樹木葬や合祀墓のご提案も致します。無料査定や資料請求なども大歓迎です。「墓じまい」でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

資料請求・見学会のご参加はお気軽に

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 申し込み

お電話でも受け付けております

電話番号

豆知識

ページ上部へ戻る