永代供養 なごみ霊廟 > 法話集

法話集

合同供養祭などでの住職の法話をご紹介いたします

毎月更新いたしますのでどうぞお楽しみに

【年度】
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2013年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

「忘我(ぼうが)」

2013年01月 北摂池田メモリアルパーク合同供養祭
皆様、新年明けましておめでとうございます。ご健康で幸せな良いお年をお迎えくださったこととお慶び申し上げます。
年末には忘年会をしたりして、楽しくひと時を過ごし、過ぎ去っていく一年のことを忘れるという行事が行われますが、年を忘れるということはどういうことでありましょうか?一年の間にあった良かった事も良くなかった事もすべて忘れて、新たなる気持ちで新年を迎えるということでありましょうか。これではちょっと単純すぎますね。
禅には「忘我(ぼうが)」という言葉があります。これは我を忘れるとも読めます。我を忘れて物事に夢中になる、集中するとも解されます。しかし、これを我(われ)ではなく我(が)と読みますと意味が変わってまいります。
「我(が)」は自我に通じます。自尊心が強く自己を主張して止まない我であります。この自我を捨てて物事を正しく見るのが「忘我」であります。従いまして年末にはその年の良かった事も良くなかった事もすべて忘れるのではなくして、それを反省して、新しい清らかな心で新年を迎えるということなのです。そして、新年を迎え、まず家族揃って神仏に一年の加護を祈念し、お互いに「新年おめでとう」と挨拶を交わし新しい年に幸多かれと祈り、一年の計を立てるのであります。そこで幸せとは家族ともに健康であってともに助け合い、いたわり合って、各々に与えられた仕事に努力精進することによって得られるものであると思うのであります。
いたわりと言えば、「元旦や、今年もどうぞ女房殿」という吉川英治さんの句がありますが、愛情がこもっていますね。皆様も奥様にこの様におっしゃったことがあるでしょうか?親しき仲にも礼儀あり。おとそを酌みかわしながら、旧年の内助の功に感謝しつつ、「今年もよろしく頼みますよ」と、心の中で夫が妻に手を合わせ、感謝している光景が眼に浮かび、誠にゆかしい気持ちがいたします。
江戸時代中期の禅宗の名僧でありました仙崖和尚という方の詩に「足ることを 知ればこそあれ福の神 二匹鯛釣る恵比須なければ」というのがあります。恵比寿様の釣られた鯛は一匹であって、二匹を釣った恵比寿様はないであろうと言うことから、お釈迦様の足ることを知るという、「知足の教え」を詩っているのであります。これは、必要以上の欲を持たないで、これ位でと身の程をわきまえていれば、人生を誤ることはないとの教えであります。
そこで、お正月のある日、恵比寿様と大黒様がこのような会話をなさいました
恵比寿様
「新年おめでとうございます」

大黒様
「おめでとうございます。いつもお目にかかりながらゆっくりお話しもできませんね」

恵比寿様
「今日は、ゆっくり話しましょうか。私は日本に生まれたのですが、発育不良で、ずいぶん難儀をしましたが、今は幸福です」

大黒様
「私は、お釈迦様と同じインドに育ちましたが、あなたのような苦難はありません」

恵比寿様
「道理でよくお太りで、大福円満の象徴でいらっしゃいますね」

大黒様
「だから良く誤解、いや誤信されてね、私が小槌を持っているので人間様は私に頼めば、どんな無理も叶えられると誤信されます。しかし、打ち出の小槌は…」

恵比寿様
「打ち出す、引き出す、ということですね」

大黒様
「そうです。小槌の役目を果たすには、それを持つ手があればこそです。鎌倉建長寺の菅原時保様が『両手合わせて拝むは無駄よ 拝むその手が福の神』とおっしゃいましたが、その通りですね。幸福の鍵は働く手にあるのです。幸運は求めるものではなく、切り開いて発見するべきです。小槌の音のようにコツコツと励んでいく人に私は味方いたします。怠け者は小槌でコツンと叩いてやりますよ」

恵比寿様
「釣竿と鯛は私のシンボルですが、やはり人間様に誤信されます。エビで鯛を釣るような釣りは、私の趣味ではありません。釣りをする時は、場所や時間など綿密な準備が必要です。商売も同じでしょう。機は偶然ではなく、努力をする人の前にだけ顔を見せるのです」

大黒様
「人間様から誤信されないように、人間様への神々の想いや願いを、噛みしめてもらいたいですね」

恵比寿様
「そうです。人間様から頼られなくても、私たちはいつも人間様を見守っているのですからね」
本年も、皆様と共に神仏のみに頼るのではなく、神仏のご加護を信じ、その誓願に報いるべく、努力精進し、互いに助け、いたわり合って、皆ともに幸せな日暮しの出来ますように、心から願うものであります。
合掌
【年度】
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2013年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

天山寺開山老子 プロフィール

供養の基礎知識

永代供養とは
後継者がいない場合や、何らかの事情で供養ができない場合、親族に代わりお寺や霊園が責任を持ってご供養をすることを「永代供養」と言います...
樹木葬とは
墓石のかわりに、樹木を墓標にするお墓のことを樹木葬といいます。
山にある木や草花などの下に、ご遺骨を埋葬します...

このページのトップへ