永代供養 なごみ霊廟 > 法話集

法話集

合同供養祭などでの住職の法話をご紹介いたします

毎月更新いたしますのでどうぞお楽しみに

【年度】
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2018年
2月
3月
4月
5月
6月
7月
9月

「文化の時代」

2018年9月 北摂池田メモリアルパーク合同供養祭
皆さんこんにちは。ようこそお参りくださいました。
さて、この度の台風21号は今までに経験したことのない猛烈な風で西日本を中心に甚大な被害を与えました。皆様のお住まいのところは大丈夫でしたか?
電柱が折れたりして今でも停電の場所があるようです。
この霊園も地震から3日間、停電していて、お参りの方もヤシロのスタッフの皆さんも不自由な想いをされ、今日の合同法要までに復旧するかどうか不安な状態でおりました。
台風が通り過ぎたかと思うと、続いて北海道で震度7という大きな地震がおこりました。
この台風においても地震においても、お亡くなりになられたお方のご冥福をお祈りしますとともに、被害に遭われた皆様やそのご家族の皆様に謹んで心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈り申し上げ、穏やかな時間が戻ってくることを願うばかりです。
今年の夏は大変暑く厳しい日が続きました。これだけ続くとつらいものですね。
今の時代は誠に有難い時代で屋内は勿論、屋外の交通機関にもすべてに冷房がきいて、暑さを凌いでくれますので、このような猛暑でも過ごすことの出来る時代となりました。
これは文化の発達のおかげであり、このような時代に生まれ合わせたことに唯々感謝あるのみであります。
私たちは「文化の時代」だから当たり前のことだと思ってしまっていますが、このようなことを「有難い」と感謝の心が生じたとき、そこに幸せがあるのではないでしょうか?
私たちのこの世は一人では生きられません。すべての物に生かされ、生きている私たちであります。いわゆる「共生の人生」であります。
そして二度とこない「尊い人生」であります。
仏教は「縁」ということを尊びます。私たちはこの「縁」によって、幸せになったり不幸になったりして、喜怒哀楽の暮らしをしております。
この世に1人として幸せを願わない人はありません。
お釈迦様にしてもキリスト様にしても、皆の幸せを願って尊い教えを説いて下さったのであります。私たちはそれを信じ、偉大な聖人の説かれた教えを信じ幸せになれることを望んで暮らしています。
私も毎月、皆様にお釈迦様の教えをご紹介申し上げ、皆様がこれによって何か幸せの一つでもつかんで日暮しをなさっていただくことをお祈り申し上げております。
本日もこの天山寺の法要を勤め、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げることが出来ましたことに幸せを感じている次第であります。
合掌
【年度】
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2018年
2月
3月
4月
5月
6月
7月
9月

天山寺開山老子 プロフィール

供養の基礎知識

永代供養とは
後継者がいない場合や、何らかの事情で供養ができない場合、親族に代わりお寺や霊園が責任を持ってご供養をすることを「永代供養」と言います...
樹木葬とは
墓石のかわりに、樹木を墓標にするお墓のことを樹木葬といいます。
山にある木や草花などの下に、ご遺骨を埋葬します...

このページのトップへ