法要について

やる、やらないに迷ったら
ヤシロにご相談ください!

お墓を持たなくても法要はやるもの?

ヤシロでは、法要を含む供養のすべてをお任せいただくことが可能です。

永代供養を選択した場合、お墓を持たず、仏壇も置かない場合が多いため、四十九日や一周忌・三回忌など一般的な「法要」をどうすればよいか困っておられる方が多くいらっしゃいました。 ヤシロ内の霊園で何らかのご契約をいただいているお客様は、どうぞご安心ください。法要もすべてヤシロにお任せいただけます。
蓮

そもそも、法要とは何でしょう?

法要とは、仏になった故人様を、偲び冥福を祈るための追善供養

一般的にお葬式などの場をよく“法事”といいますが、お坊さんにお経をあげてもらうことは“法要”といい、後席の食事を含めた行事のことを“法事”といいます。

お位牌とは?

そもそも法要とは、仏になった故人様を供養するという意味があり、別名で“追善供養(ついぜんくよう)”ともいわれています。この世に残された者が故人様の冥福を祈りつつ、感謝の気持ちを新たに、自分自身を見つめなおす大切な日とされています。
特に四十九日法要は重要とされ、命日から49日の間に、故人様が次に生まれ変わる世界、来世が決まると信じられています。この間は、生前の行いについて7日ごとに閻魔大王に裁かれるため、家族は故人様が無事に極楽浄土へ行けるように、お裁きを受ける7日ごとに追善法要を営むといわれています。

続きを読む

葬儀後の主な法要

仏教のことを知らないと戸惑ってしまいがちですが、法要にもいくつかの種類と意味があります。

忌日法要(きびほうよう)

葬儀後すぐに迎える法要を「忌日法要(きびほうよう)」といい、7日ごとに法事を営みます。初七日(しょなのか)に始まり、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)……と続き、七七日(なななのか)にあたる四十九日をもって、“忌明け(きあけ)”になります。 それぞれの法要についてみてみましょう。
※法要の日の数え方は、亡くなった日をいれて数えるのが一般的とされています

・初七日(しょなのか)
命日も含めて7日目に行います。
故人様が三途の川に到着する日とされ、“激流・急流・緩流”のいずれを渡るかがお裁きで決まる日といわれ、緩流を渡れるように法要を営みます。 本来はお骨上げから2~3日後に行いますが、最近では親族が集まる日が揃わないなどを理由に、葬儀の日に遺骨迎えの法要と共に行うようになってきています。
・四十九日(しじゅうくにち)
初七日から7日ごとに受けたお裁きにより、来世の行先が決まる重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」とも呼ばれます。故人様の成仏を願い家族や親族のほか、縁の深かった方々を招いて法要を営みます。遺族はこの 日をもって「忌明け」となるため、法要後は忌明けの会食を開きます。
法要は忌日の当日に行うのが理想ですが、参列者の都合もあり別日に行うことも一般化してきました。法要の日をずらす場合は早めに行い、命日より後にすることは避けられています。
※地域によっては35日目を“五七日(いつなのか)”といい、忌明けとすることもあります
・百カ日(ひゃっかにち)
故人様が新仏になって初めての法要で、亡くなった命日から数えて100日目に行います。
「卒哭忌(そつこくき)」ともいわれ、“悲しんで泣くことを卒業する日”とされ、家族や親族などの身内で法要を営みます。「お別れ会」や「偲ぶ会」などは百カ日に合わせて行われることが多いようです。

※二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、六七日(むなのか)は主に遺族で供養し、お坊さんによる読経やお焼香などは省略するのが通例です

年忌法要(ねんきほうよう)

忌日法要が終われば、次からは節目となる年ごとに法要を営みます。
故人様が亡くなった日と同じ月、同じ日を“祥月命日(しょうつきめいにち)”といい、 それにあわせて年忌法要を行います。

・一周忌(いっしゅうき)
故人様が亡くなってから一年後の命日。ご家族や親族、縁の深かった友人などを招いて法要を営みます。一周忌までが「喪中(もちゅう)」で、この日をもって喪が明けることになります。喪中に迎えたお正月は、年賀状や初詣などの行事は控えるとされています
・三回忌(さんかいき)
死後、満2年目。祥月命日に行い、親族や友人、知人などを招きます。
・七回忌(ななかいき)
死後、満6年目。通常は、七回忌あたりから法要の規模を小さくしていきます。
・十三回忌(じゅうさんかいき)
死後、満12年目。遺族だけで営みます。
・十七回忌(じゅうななかいき)
死後、満16年目。遺族だけで営みます。
・二十三回忌(にじゅうさんかいき)
死後、満26年目。遺族だけで営むか、省かれることもあります。
・二十七回忌(にじゅうななかいき)
死後、満26年目。遺族だけで営むか、省かれることもあります。
・三十三回忌(さんじゅうさんかいき)
死後、満32年目。この三十三回忌を終えると菩薩の道へ入るため、一般的にはこれをもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとします。それ以降は故人様としての法要ではなく、先祖代々の法要としてまとめて営まれます。

※同じ年に2つ以上の法要をまとめて行うことを「併修(へいしゅう)」といいます。しかし三回忌までは併修を避けるといわれているので、まとめて法要を営みたい場合は、まずはご寺院などに相談しましょう。

ヤシロの法要サービスアイコン

法要でお悩みの方は、ご相談ください。

故人様を弔うためには欠かせない法要ですが、忙しいと親族が集まる日の設定やお坊さんの手配など、困ってしまいますよね。 当社ではお墓の永代供養にあわせて、個別での法要サービスも行っております。お墓を処分した後、法要をする場所がないとお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

法要

ご契約の霊園内の法要施設にて、個別法要を執り行っていただけます。
※あくまで希望制。永代供養は一人10万円の供養料以外はかかりません。

法要

【サービス実施霊園】
【費用】
3万円~
  • ・祭壇などを準備してある法要施設をご利用いただけます。
  • ・寺院については、お客様のお付き合いしている住職に来て頂くことも可能です。寺院とのお付き合いがない場合は、霊園にてお客様の宗派に合わせた住職の手配も可能です。
  • ・お布施別途
  • ・宗派により一部手配不可

お問い合わせ

お問い合わせ

資料請求・見学会のご参加はお気軽に

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 申し込み

お電話でも受け付けております

電話番号

ヤシロの永代供養について

アクセス抜群

申し込み

さくらギャラリー

合同供養祭

霊園墓石のヤシロ

〒563-0013
大阪府池田市中川原町17-12

電話番号

お問い合わせ

法話集

豆知識

ページ上部へ戻る