お位牌の永代供養

お位牌永代供養もいたします

ヤシロの各霊園にてお墓・樹木葬・永代供養の
ご契約をいただいているお客様へ
付加サービスです。

※「位牌だけ」「仏壇だけ」の供養は受け付けていません。

お位牌も永代供養いたします

お位牌の供養方法にお困りではございませんか?

位牌は仏壇で供養されますが、お墓と同様、後々仏壇を見て行くことができない方は仏壇や位牌の供養に困ることが多いです。
仏壇やお墓は無くても、親族が亡くなれば葬儀は行うことが殆どであり、その時に渡される白木のお位牌は特に、供養に困る方が多いようです。
位牌

そもそも、お位牌とは何でしょう?

お位牌とは、死者の戒名(法名ともいう)を記した木牌(もくはい)のことです。

その起源は中国にあり、板にご先祖様の存命中の官位や姓名を記して祀っていたといわれています。日本には鎌倉時代に禅宗と共に伝えられ、他の宗派にも広まっていきました。

お位牌とは?

お位牌には白木の位牌本位牌があります。
死者が亡くなってから、死後の行き先が決まるとされる四十九日の忌明けまでは白木のお位牌を使いますが、これは葬儀の野辺送りに用いる仮のものです。この時は菩提寺などのご住職より戒名を書いていただきます。
本位牌については、四十九日法要までに用意するのが一般的とされています。戒名の文字は昔の漢字を使うこともあるため、白木のお位牌の文字を正確に仏壇店へ依頼しましょう。文字入れには2週間ほどかかるため、早めに仏壇店に確認することをおすすめします。
また本位牌は法要時にご寺院に納め、魂入れ(たましいいれ)をしてもらってから仏壇に安置します。お位牌の表面には戒名と没年月日が記され、裏面には俗名と行年(享年)が記されます。
※浄土真宗ではお位牌は用いず、過去帳や法名軸がその代わりとなります。宗派やご家庭によって異なります。

続きを読む

本位牌のマメ知識

本位牌には、いくつかの種類やデザインがあります。

お位牌の形には宗派による決まり事がないため、お好きなものを選べますが、すでに手元にある場合は同じ形で揃える方が多く、仏壇に入る大きさなどを考慮して選ばれる方もいます。
いくつか代表的な例をみてみましょう

【種類】

・塗位牌(ぬりいはい)
最も一般的なお位牌として知られています。漆を塗り、縁などを金箔や金粉などで飾ったもので、使われている漆の種類によって値段が変わります。
・唐木位牌(からきいはい)
黒檀(こくたん)や紫檀(したん)、白檀(びゃくだん)、欅(けやき)などを材料に用いた、木目をいかしたものです。

【デザイン】

・春日(かすが)型
最もシンプルで一般的な形。板は半円形になっており、比較的に安価となっています。
・猫丸(ねこまる)型
台座の足の形に特徴があり、猫の後ろ足のように丸いことから名づけられました。
・角切葵(すみきりあおい)型
台座の角が落とされた、丸みのあるやわらかいデザインが印象的です。

実は本位牌は、必ずしも一人につきお位牌が一つとは決まっていません。ご夫婦で一つに連ねて入れる場合や、ご先祖様が増えて仏壇におさめることが難しくなった時は、台座に戒名を記す札板が8~10枚ほどある繰出位牌(くりだしいはい)に作りかえ、まとめることも可能です。屋根や扉がついた豪華な形が人気で、一番手前の札板には「○○家先祖代々之霊位」と記すことが多いようです。

お位牌の供養方法について

供養方法

お位牌にはご先祖様の魂が宿っているため、簡単に処分することができないとお悩みの方がたくさんおられます。
お位牌の形を残さずに処分する場合、念や魂の入った物を焼くことで供養する「お焚き上げ」をするのが一般的ですが、その前に必要になるのが、「閉眼供養(へいがんくよう)」です。
閉眼供養とは、お位牌を作った時にお坊さんによって行われた「魂入れ(たましいいれ)」などの「開眼供養(かいげんくよう)」の逆の意味を持ちます。開眼供養によりお位牌には故人様やご先祖様の魂が宿るため、完全に処分するためには、まずお位牌に宿っている故人様たちの「魂を抜く」必要があります。
この閉眼供養をすることで、魂を天(浄土)に返してお位牌の役割を終わらせることができます。
お位牌を処分するためには、まず閉眼供養を行うことが重要です。お焚きあげの処分をせず、お位牌を残したまま手放したい方には「永代供養」がおすすめです。永代供養とは霊園やご寺院などが持ち主に変わってお位牌を管理・供養してくれます。すぐに処分をすることがためらわれる方は、一度、霊園やご寺院などに相談してみましょう。
いずれにしてもご家族でよく話し合った上で、ご判断なさってください。

ヤシロの2種類の
位牌供養サービスアイコン

お位牌でお悩みの方は、ご相談ください。

ヤシロでは、各霊園にてお墓・樹木葬・永代供養のご契約をいただいているお客様への付加サービスとして、お位牌の供養も行っております。
お客様からお困りの声をいただき、当サービスを実施するに至りました。

お焚き上げ

お焚き上げ

【サービス実施霊園】
【費用】
位牌1柱につき万円
(お布施なので非課税)
霊園の住職により脱魂を行い、お焚き上げにて供養します。
  • ・お位牌は無くなります。ご注意ください。
  • ・受付は、霊園事務所にていつでも可能です。
  • ・お焚き上げを行う日は霊園が決定します。
    お客様への事前連絡や、立会いはできません。
    費用をお納めいただき、お位牌を霊園に預けた後はすべて一任していただきます。
  • ・預かったお位牌の返却はできません。
    予めご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お位牌の永代供養

位牌供養

【サービス実施霊園】
【費用】
10万円
正面安置をご希望の方は 20万円 (注1)

位牌供養

北摂池田メモリアルパーク内・天山寺本堂にてお位牌を安置し、永代に渡り供養いたします。現在お持ちの位牌はお焚き上げをし(費用内に含む)、新たに繰出位牌(注2)を作成して、そのお位牌を供養いたします。
  • 注1)位牌安置場所の指定は出来ません。天山寺に一任となります。
  • 注2)位牌の中に戒名を記載できる板が8枚入っており、1つのお位牌で8名の方の供養が出来ます。

お問い合わせ

お問い合わせ

資料請求・見学会のご参加はお気軽に

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 申し込み

お電話でも受け付けております

電話番号

ヤシロの永代供養について

アクセス抜群

申し込み

さくらギャラリー

合同供養祭

霊園墓石のヤシロ

〒563-0013
大阪府池田市中川原町17-12

電話番号

お問い合わせ

法話集

豆知識

ページ上部へ戻る