樹木葬とは

墓石のかわりに、樹木を墓標にするお墓のことです。
山にある木や草花などの下に、ご遺骨を埋葬します。

樹木葬とは、自然の山にある木や草花などの下に、ご遺骨を埋葬するお墓の一つです。
従来の墓石があるお墓とは異なり、樹木をシンボルとしています。
一般的に墓石の場合は継承していきますが、樹木葬の場合は自然がシンボルとなっているため、その心配がありません。永代供養とセットになっているケースが多く、霊園などがお墓の管理を担ってくれるため、永代供養墓の一種として認識されています。

樹木葬の変遷

日本で初めて墓地で樹木葬を始めたのは、1999年、岩手県一関市にある「祥雲寺(知勝院)」でした。墓石の代わりに山ツツジなどの苗木を植える形式は、“自然に還ることができる”と共感を呼び、新しいお墓のスタイルとして、全国的な注目を集めました。
その後も樹木葬は各地で発展を遂げ、特に現代的なデザインが特長の一つになってきています。霊園や寺院のなかにも、芝生やバラ、季節の草花などで彩られたガーデン風のものから、桜をメインにした日本庭園風のもの、両方を取り入れた和洋折衷タイプなど、様々な樹木葬が登場しています。樹木に加え、墓標となるネームプレートを配置できる場合もあり、自由度の高いスタイルが、支持される理由の一つといわれています。

樹木葬の変遷

●お墓(墓標)の有無
樹木葬は、墓地として許可を得た、里山や草木のある場所に、樹木などをシンボルとしてご遺骨を「埋める」ことで、自然の一部とする考え方です。
例えば「散骨」は、海や山などにご遺骨を「撒く」ことになるため、墓石などのシンボルがあることを前提としていません。散骨の際は広い範囲に撒いてしまうので、目に見える墓標となるものはなく、樹木葬と大きく異なる点でもあります。
※いずれも法律で許可を得ている場所のみ、埋葬や散骨が可能です。
●ご遺骨の形
樹木葬は、墓地埋葬法に準じているため、粉骨は不要です。ただし従来のお墓と同じく、「埋葬許可証(※1)」を得る必要があります。
(※1)お墓にご遺骨を埋葬する際に必要な書類です。自治体に提出した死亡届、死亡診断書を持って、火葬許可証が交付されます。

樹木葬の流れ

樹木葬はあくまでもお墓の一種ですので、葬儀の流れは墓石がある場合と同じ、従来通りの内容になります。ただし、納骨に際しては異なる場合があり、戒名についても決まりが厳密化されていないため、俗名(生前のお名前)で弔う方もいるようです。

樹木葬の流れ

【葬儀の流れ】
①故人様が亡くなってから7日以内に、死亡届を役所に提出。火葬許可証(埋葬許可証)を受け取ります。
②ご遺体をご自宅か葬儀場に搬送します。その後、お通夜とご葬儀(告別式)を行います。
③出棺して火葬場に向かい、火葬後にお骨上げをして、ご遺骨を骨壷におさめます。
※この後に初七日法要を続けて行い、精進落としの場を設けることもあります
【納骨について】
一般的には四十九日法要の後に、納骨するとされています。
樹木葬の場合、ご遺骨は骨壷から取り出し、そのまま土に埋めるか、自然に分解される素材を 使った容器(専用の骨壷など)に、移し替えて埋めることが多いようです。
埋める場所については、シンボルツリー型のように大きな樹木が一本だけの場合は、その周りに埋めます。もし墓標となるご自分専用の小さな苗木や草花などがある場合は、ご遺骨を埋めた後に植樹します。
他にも様々な樹木葬があるため、ご利用になるプランによって、埋葬方法は異なります。ご見学の際などに、きちんと不明点を確認するようにしてくださいね。

樹木葬の種類

樹木葬には、自然を生かした「里山型樹木葬」と、霊園やご寺院内に整備された「公園型樹木葬」の2つに大きく分けられます。

●里山型樹木葬
里山型樹木葬
元々その森にあった木々や、新たに植樹した木を墓標として、ご遺骨をその根元や周りに、土に還る骨壷などに入れて納骨します。何か一つだけをシンボルにするのではなく、山全体を中心に考える埋葬方法となります。
しかし里山型には広い土地が必要なため、都市近郊で見かけることは少なく、お墓参りの際は、アクセスに課題が残ることが多いといえます。

里山型樹木葬

●公園型樹木葬
公園型樹木葬
都市部に多いのが、墓地として整備された霊園内にある公園型樹木葬です。休憩所やトイレ、法事法要スペースの充実など、設備やサービスが整っていることが特長としてあげられます。
また、お線香をあげる場所を設けるなど、残されたご家族のお墓参りのしやすさも考慮しており、個別か共同での埋葬に違いはあるものの、お墓参りがしやすいという利点があります。里山型ほどは広くなくても、一般のお墓が併設されるなど、最近ではペットと一緒に眠りたいという方も増加中のため、ペット霊園が同じ敷地内にあるところもあります。

公園型樹木葬

※樹木葬のコラムも合わせてご覧ください。 
>> あなたは何型?広がるニーズと多様化する樹木葬

樹木葬の費用

一般的には、墓石を新たに用意する場合よりも安くなります。
樹木葬は永代供養を前提としているケースが多いため、法要ごとのお布施など、将来的な維持管理費を心配する必要がありません。埋葬料や管理費なども基本的にプラン内に含まれているため、比較的に安価といえるでしょう。
全国的な平均額は、お一人様あたりで10万円~50万円程度といわれています。 ただし、お墓のデザインや入る人数、合祀型か個人埋葬型かなどによって費用は変動するため、ご家族の目的や人数などに応じて、ご判断をお願いいたします。

【樹木葬の費用についての注意点】

・1区画に入れる人数について
何名まで入れるのかを確認しましょう。ご家族で利用する場合は無制限としているところもありますが、その分、お値段も高くなります。またペットと一緒に入りたい方は、可能かどうか相談しましょう。
・デザイン
例えばお名前を記したプレートや、個別に小さな樹木が添えられるなど、ご自分専用のスペースや意匠がある場合は、その分の費用が追加されます。
・埋葬タイプ
ご利用になるプランによって、埋葬方法が異なる場合があります。お値段だけを見るのではなく、ご自分の理想に近い形できちんと埋葬してもらえるのか、埋葬される場所や全体のイメージなども、判断のご参考になさってください。
「合祀型」
始めから他の方のご遺骨と一緒に埋葬されます。料金が比較的、安価なものが多いです。
「共同埋葬型」
一つの決められたスペースに、個々に共同で埋葬されます。ご遺骨は他の方と一緒にはなりません。
「個別埋葬型」
個々に定められた場所へ埋葬されます。ご遺骨もご自分のものだけ、決められたスペースに埋葬されます。それぞれに占有スペースがありますが、敷地の広さによっては狭い場合も多く、その都合上、ご遺骨を粉骨して専用の小さな容器に移し替える場合もあります。

樹木葬を選ぶ時に知っておきたいこと

・ご遺骨は取り出せない場合も
合祀の場合は、ご遺骨を取り出すことはできません。一度おさめた後に考え直したとしても、他の方のご遺骨と一緒になっているため、物理的に難しいといえるでしょう。また個別埋葬型であっても、粉骨した場合などは元の形を失いますので、ご注意ください。
・自由に草木の手入れができない
樹木や芝生などは、基本的に管理者が整備をしています。
ご自分の庭のように草花を育て、枯れないように手入れをするなど、自由に土をいじることはできません。また月日と共に景観も変わっていくため、いつも同じ状態の自然を見られるとは限りません。天候によって、草花などは成長が左右される場合もあります。
・お墓参りのしやすさ
シンボルとなる樹木などがあっても、どこに埋葬されているのか見た目がわかりにくいため、お墓参りをした実感が得られにくいと思う方もいます。献花台などの共同スペースを設けるなど、工夫している霊園もあるので、一度確認してみましょう。

美しい自然と共にありたい

美しい自然と共にありたい

樹木葬の魅力は、死後の世界で安らぎを得たいと願う人たちのイメージが、シンプルな形で表現されている点にあります。昔から自然と共に生きてきた日本人だからこそ、そうした美しい自然風景のなかに溶け込めることに、深く共感するのではないでしょうか。
また、跡継ぎがいない方や、残されたご家族に墓守の負担をかけたくないと望まれる方にも、一代限りでお墓を建てられる樹木葬が、大きな救いとなっているケースもあります。たくさんの魅力を持つ樹木葬は、現代の私たちのライフスタイルに、必要不可欠なのかもしれませんね。

当社では、そんな魅力あふれる樹木葬を、より美しいものにしようと、2つのタイプをご用意しました。永代供養墓として、お墓参りに重点を置いた「永代供養墓 樹木葬さくら」と、大地に還ることができるタイプの「永代樹木葬COCORO」です。
お名前の彫刻や埋葬、永代供養料、管理料など、全てを含めてお一人様20万円~ご用意しております。 残されたご家族へのお墓参りのしやすさや、ご自分が入るお墓のデザイン、自然と一体になれる樹木葬の良さ、全ての理想を実現しております。ぜひ一度、ご見学にいらしてください。お墓のことでお困りの方やお悩みの方も、一度ご相談ください。

夢咲

資料請求・見学会のご参加はお気軽に

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 申し込み

お電話でも受け付けております

電話番号

ヤシロの樹木葬について

アクセス抜群

申し込み

さくらギャラリー

合同供養祭

霊園墓石のヤシロ

〒563-0013
大阪府池田市中川原町17-12

電話番号

お問い合わせ

法話集

豆知識

ページ上部へ戻る